静岡県のスズキ正規ディーラーサイトです。

お知らせ(新車情報)

326通信 毎週水曜日更新

2015.10.18

【新型ESCUDO】誕生

当店ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

本日は新型車の紹介です。

 

10月15日 新型ESCUDOが発表・発売となりました。

 

当店にも展示車が入荷しました!!

 

では早速、新型ESCUDOのおすすめポイントを紹介したいと思います。

 

☆Point 1

  スイフトスポーツでも搭載しているM16Aエンジンと新開発6速オートマチックにより

  SUV(Sport Utility Vehicle:スポーツ用多目的自動車)として相応しいパワフルな走り

DSC02078

エンジンルームの写真 

 

☆Point 2

  新世代四輪制御システム『ALLGRIP』(4WD車)により

  オンロードもオフロードもスポーティーな走りを実現

DSC02081

ALLGRIPセレクタースイッチ

 

☆Point 3

  全車標準装備のミリ波レーダー装置により、自動ブレーキ機能で安全運転をサポート。

  また、長距離ドライブを楽にしてくれるACC(Adaptive Cruise Control)も標準装備。

DSC02083

ミリ波レーダー装置

 

ここだけではご案内しきれないオススメポイントがまだまだ満載です。

ご試乗はまだできませんが、実際にご覧になりたい方は是非

アリーナ富士までご来店ください。

 

☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆  シマンチュウ風 佐野のコーナー  ☆☆  ☆☆  ☆☆  ☆☆

 

ここからは、開発出身の私が新型ESCUDOをマニアックに解説していきます。

 

まずご案内したいのが、エンジンマウントです。

エンジンマウントとは、エンジン内部で燃焼により発生した振動を車体に伝わらないようにする部品です。

一般的には防振ゴムで作っています。(防振ゴム??...なんか最近あった気がする。。。)

ようするに、静かな車エンジン振動の伝搬が少ないエンジンマウントが良いということです。

新型ESCUDOには振動を伝えにくい倒立型液封マウントを採用しています。

下の写真のように、ドーム状になっている部分に振動を抑制する液体が入っています。

ご来店頂いた際には是非このドーム状の部分を触ってみてください。何とも言えない感触ですよ!

DSC02079

 右エンジンマウント

 

次にご案内するのは、隠し車台番号です。

実はこの隠し車台番号は国内生産国内仕様の車には付いていないのです。

輸入車や海外仕様の車に付いているのです。

下の写真は新型ESCUDOのフロントガラスの隠れ車台番号のひとつです。

ようするに新型ESCUDOは輸入車です!

ヨーロッパの中心工場であるマジャールスズキ(ハンガリー)で生産しています。

そもそもこの隠れ車台番号は車両盗難被害を抑制する目的で付けられています。

DSC02080

フロントガラス部の隠れ車台番号

 

今回はここまで。また次回もお楽しみにして頂ければ幸いです。

posted by スズキアリーナ富士たではら  | 2015年10月18日
店舗情報へもどる