静岡県のスズキ正規ディーラーサイトです。

お知らせ(スタッフによるクルマ紹介)

326通信 毎週水曜日更新

2016.05.25

走りに自信あり!バレーノXTをご紹介!!スズキのエンジン技術の結晶!

車種名 バレーノ XT

本日のブログは、島人風の佐野が、今月18日に発売した

BALENO XT を紹介します。

 

BALENOのグレード構成は、4月11日に発売した、『ベースグレードのXG

今回追加になった、XTXTセットオプション搭載車の3グレードです。

 

このグレード構成の違いは、エンジントランスミッションの組合わせにあります。

(ということは、走りも違うよね!乗って体感して欲しいです!)

 

ベースグレードのXGは、1.2L DJE(デュアル・ジェット・エンジン)とCVTの組わせです。

スイフトにも搭載されているエンジンですので、燃費性能や走りには定評があります。

 

そしてXTは、1.0L BJE(ブースター・ジェット・エンジン)と6速ATの組み合わせです。

(※BJEは私がDJEを真似て勝手に訳した語彙です)

 

このBJEはスズキ国内販売車初となる、ダウンサイジングエンジンなのです。

排気量1.0Lとしながらも、直噴化とターボ化により、1.6L N/A(自然吸気エンジン)

並みの高出力・高トルクを実現しているのです。

 

1.6L N/Aエンジン搭載のスイフトスポーツと

BALENO XT搭載のBJEの性能を見てみましょう。

(※左が1.6L N/Aエンジン、右が1.0L BJE)

エンジン比較

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここで注目頂きたいのは、2つのエンジンの最大トルクです。

(※最高出力は車の速さを示す指標、最大トルクは加速力を示す指標)

 

1.0L BJEは、1.6L N/Aエンジンと

同じ160N・m(16.3kg/m)と表記されていますね。

『小さい排気量エンジン』『大きな排気量エンジン』

と同じ力を発揮するのが、BJEの特徴です。

これがダウンサイジングエンジンと言われる所以です。

 

そして、もう一つの特徴として、

ターボ化により、幅の広いエンジン回転数で

安定したトルクを得られるのです。

すなわち、発進時加速したい時に、

アクセルを踏み込めばすぐ加速してくれるのです。

 

今回紹介した、BALENO XTの試乗車が

当店にもあります。

是非、スズキのエンジン技術の結晶をご体感下さい。

皆様のお越しをお待ちしております。

  • 0

posted by スズキアリーナ富士たではら  | 2016年5月25日
店舗情報へもどる